デーリー東北(2017/1/11)より 八戸生協診療所「在宅医療の現場から」

2017-01-11

デーリー東北紙(2017年1月11日付朝刊)に
『在宅医療の現場から-あおもりは今-』(上) 増えぬ訪問医 負担大/みとり対応、家族ケアも
と題した記事が掲載され、青森県民医連に加盟する八戸生協診療所(八戸市・竹本照彦所長)での、在宅医療・往診の取組みと事例が紹介されました。

往診件数は1日平均10人程。竹本所長他3人(非常勤含む)の医師体制で、一ヶ月200~300人ほどの患者さん宅を訪問し、24時間365日態勢でカバーしています。

-竹本所長「患者さんや家族が在宅を希望した場合、それを支える医療や介護の体制をつくることが大切。そのためにも、少しずつでいいから往診をする医師が増え、在宅医療の輪が広がってほしい」
(記事より引用)

地域に根ざした「在宅医療」分野で、人権を尊重し、人々のいのちと健康を守るために、民医連は奮闘しています。


コメントを書く







コメント内容


CAPTCHA


青森県民主医療機関連合会
【青森事務所】〒030-0822 青森県青森市中央3丁目10-2 中部クリニック2F 電話017-723-4076
【弘前事務所】〒036-8203 青森県弘前市本町95 丸二ビル1F 電話 0172-34-5455

Copyright(c) 2012 AOMORI MIN-IREN All Rights Reserved.