連載 看護と介護 15の物語 ⑬

2017-10-27

独居生活による困ったこと
~ 井戸が壊れた! ~

健生クリニック(弘前市)・通所リハ 介護福祉士 相馬 美春

通所利用まで

「どうすればいいんだべが?困ってまってさ」とデイケア到着後突然訴えはじめたAさん。Aさんは、80歳代の男性利用者で中学卒業から大工として生計を立てていました。現在住んでいる家も、Aさんが自ら建てたことが自慢でした。6年前に脳梗塞のため左片麻痺となりましたが、近所のスーパーまで一本杖で歩いて買い物に出掛けられていました。

3年前の春に、内縁の妻が病死されてからは一人暮らしとなり生活保護を受給されています。そんな生活の中、徐々にADLが低下してきていても、頑なに「大丈夫だ」と話されていましたが、デイケアを方々から勧められ、やっと3年前の夏頃から利用が開始になりました。Aさんは難聴もある為、自分の理解できないことに対しすぐ怒ってしまう一面がありデイケアでも何度か怒るような場面がありました。

井戸が壊れた

今年春、朝送迎に向かうと隣に住んでいるAさんの内縁の妻の兄弟(以下Bさん)が職員を待っていました。Bさんは、「水でないって昨日から何回も来てさ!何とかして!」と興奮気味に話しており、Aさんも困惑した様子でした。その場では打開策もないためとりあえずデイケアに向かうことになりました。

Aさんは、過去に身内と絶縁しておりすぐ頼れるような人はいない状況でした。さらに、日々の生活もやっとの為、蓄えもあまりないと話されていました。私は、Aさんへ「明日からデイケアもゴールデンウィークで休みになるけどどうしようね…」と尋ねると「あれさ、井戸水なんだよ。枯れたってことはないと思うんだけどなぁ」と話されました。水道であればなんとかなるかと考えていましたが、この時点でAさんの状況を担当ケアマネージャーへ連絡しました。すると、ケアマネージャーからは「状況を踏まえるとショートステイの利用が良いだろう」と説明がありました。しかし、Aさんの短気な性格を思うと、水が出ないことからショートステイを利用することになっても、井戸水の復旧の目処が立たないようでは納得できず、Aさんはまた怒ってしまうだろうと私は考えました。私はAさんへ「工事してもらった会社はどこですか?」と確認しましたが、「どこだったべ?忘れてまった。でもどこでもいい何とかしてほしい」と話されました。悩みましたが、Aさん宅近所の業者に連絡し、自宅で待ち合わせすることにしました。すると偶然にも、Aさんが以前ストーブを修理してもらった業者さんで、Aさんの状況や気性を理解している方でした。それをAさんへ伝えると喜んでいましたが、「すぐに直るかはわからないって言ってたので、ショートステイの利用なども念頭に置いておいてほしい」と伝えました。するとAさんは、「ありがとう、ありがとう」と安心した表情で感謝していました。

私とAさんは、その日の午後に一旦Aさん宅へ向かい業者の方に井戸のポンプ点検をしてもらったところ、古すぎて部品もない為すぐには直らないと説明を受けました。さらに修理となると10万円以上かかるかもしれないと説明されました。

絶縁した親族との連絡

Aさんは、業者の方の説明を受け「んだのがぁ、どうすればいいかなぁ」と途方に暮れていました。Aさん宅で、私も一緒に悩んでいましたが、ひとまずBさん宅へ相談に行ってみることにしました。訪問すると在宅されているような雰囲気もありましたが反応がなく、連休中にAさんの生活上の援助をしてくれるものか不安に思えました。そこでAさんに身内の方に連絡してみることを提案しました。すると「いーよー、でもわかんねな、あんたかけてけ」と話され、Aさんのお兄さんに当たる方に電話をかけたところ、とある女性がでました。その方はたまたまAさんのお兄さんの自宅に遺品の整理に来ていたという身内の方で、Aさんのお兄さんが数か月前に他界されたことをお話下さいました。Aさんの事情を伝えると力になってくれそうなその他の親族の方の連絡先を知らせて下さいました。

そこで次に、Aさんのお姉さんに連絡しましたが、甥にあたる方が電話口にお出になり、Aさんのお姉さんは高齢なので対応はできないことや、Aさんのお兄さんが他界されたことを知らせても連絡がつかなかったこと等、これまでのエピソードをお話し下さいました。今回のいきさつを説明すると、今からAさん宅へ来て頂けることになりケアマネージャーが本人の自宅で甥と面談することができました。加えてたまたま民生委員も訪問され「Aさんがいつも不在だからどうしてるのかと心配したけど、車が停まっているからきてみたの。大丈夫そうでよかった」と話されていました。Aさんは、週3回デイケアを利用されているため民生委員の方も気にして訪問していたがなかなか会うことができなかったようでした。

独居生活の方は、頼れる人が限られるためケアマネージャーと連携し早めに対応することが必要だと感じた事例でした。「どうしよう困った」と話される方へ、「誰かがやるだろう」「自分はその立場ではないはずだ」と考えずにおせっかいな程に、寄り添い必要な援助をすることで、結果としてその人の生活を守ることができるのではないかと思います。Aさんと二人で困ったねぇと悩んだ時間はAさんにとって考える時間となったことでこれまでなんでも一人で行ってきたAさんが納得しやすい状況になったのではないかと思いました。

その後のAさん

その後話し合いの中で、甥っ子さんへAさんの生活状況を伝え、その日のうちにショートステイを利用することとなりました。

現在、Aさんは周りのサポートがあることを実感したこともあり納得され生活されています。


コメントを書く







コメント内容


CAPTCHA


青森県民主医療機関連合会
【青森事務所】〒030-0822 青森県青森市中央3丁目10-2 中部クリニック2F 電話017-723-4076
【弘前事務所】〒036-8203 青森県弘前市本町95 丸二ビル1F 電話 0172-34-5455

Copyright(c) 2012 AOMORI MIN-IREN All Rights Reserved.