春休み期間を利用して、薬剤師奨学生1~3年生に職場体験実習に入ってもらいました。

診療所&介護施設、保険薬局、病院薬局をそれぞれ3~5日間の日程で体験し、医療と介護の現場で薬剤師の仕事と役割について学んだことを紹介します。

○● 職場体験ノートの感想から ●○

☆あおもり協立病院 ☆青森大学3年生 入院患者さんもリハビリなどを頑張っているから、それを薬の面から支えてあげなくてはいけないと思いました。今まで教科書でしか病気を知らなかったけれど、実際に症状を見ることで勉強になりました。

☆中部クリニック他 ☆東北薬科大学1年生 外来や往診、訪問看護・介護等、どれも初体験だったので驚くことばかり。在宅医療は患者さんを支えるために、多くの職業のスタッフが関わっているということを学びました。

☆弘前調剤センター☆城西大学2年生  学校で習っているだけだと薬のイメージが全くないが、実際に色んな薬を見させてもらって、調剤が楽しかったです。薬剤師の在宅訪問見学では、介護施設で暮らすお年寄りの薬の量は膨大で、どうすれば飲み間違えないか常に工夫していることを初めて知りました。

中部クリニックの原先生の往診に同行させていただきました

 

保険薬局では、薬の調剤や監査等を体験

 

お問い合せ

弘前事務所(医学生課)

〒036-8203 青森県弘前市本町95 丸二ビル1階

健生病院(医局 研修医室)

〒036-8511 青森県弘前市扇町2丁目2-2

青森事務所(薬学生・看護学生担当)

〒030-0822 青森県青森市中央3丁目10-2 中部クリニック2F