青森民医連は、医師・薬剤師・看護師を目指す方を、奨学金や実習など様々な面で応援しています。
新着情報
  • HOME »
  • 新着情報 »
  • 新着情報

新着情報

2019年度 医系合同奨学生会議 開催!

 アイスブレイクでは、6分割された3種類の新聞紙を学生と職員それぞれ一人ずつ持ち、みんなで同紙面の仲間を探し出しだすゲームを行いました。このゲームで参加者全員の緊張がほぐれ、紙面が完成したときは全員笑顔で喜んでいました。

健生病院 2020年度研修プログラムを公開しました

健生病院 2020年度研修プログラムを公開しました。 詳しくは初期研修ページをご覧頂くか、こちらからご確認下さい。

2020年度 研修医募集要項

募集人員 9名 処遇 ①身分 常勤職員として採用、各種社会保険完備 ②給与 1年次 支給額:382,000円(基本給:284,200円/調整給:97,800円) 2年次 支給額:402,000円(基本給:294,200円 …

春!高校生一日薬剤師体験会 in 五所川原

2019年3月28日(木)会場:ファルマ 一ツ谷薬局&五所川原診療所  今回は五所川原高校から8名、板柳高校から1名が参加。すでに志望校を「東北医科薬科大学」に決めている参加者もいて、奨学生への積極的に質問をしてくれまし …

薬学部合格おめでとう会&春!高校生一日薬剤師体験会 in 青森

2019年3月16日(土)会場:あおもり協立病院&大野あけぼの薬局 午前は薬学部合格おめでとう会  今回は青森大学に合格した1名の学生が参加し、職員3名と奨学生から丁寧に薬剤師業務や薬学部のことを紹介しました。はじめは緊 …

春!高校生一日薬剤師体験会 in 弘前

2019年3月9日(土)会場:健生病院&ファルマ弘前薬局  健生病院での注射剤の混合体験は、いままで器具で間違って手を指してしまう学生がいたので新たに安全な練習用のキットを使用しました。練習用キットでも、学生は体験に十分 …

薬科大合格おめでとう会 in 八戸

2019年2月26日(火)会場:あけぼの薬局八戸店  今回は東北医科薬科大学に合格した2名の学生が参加し、薬剤師から在宅訪問や他職種と連携した現在の薬剤師業務について話を聞き、実際の服薬指導の見学や調剤業務の体験を行いま …

薬学生小委員会 新年の抱負

青森民医連を担う薬剤師となる薬学生を支え、育てる 現在、薬学生の置かれている状況は一昔前よりも一層厳しいものになっています。 私が学生だった10年前は「奨学生会議」や「夏のつどい」などに参加する余裕があり、楽しく学ばせて …

青森大学奨学生会議

12月10日(月)青森大学奨学生会議 in 大野あけぼの薬局2階 「実務実習報告会」と「簡易懸濁について」 12月10日(月)18:00から青森大学奨学生会議を行いました。 今回は ①青森大学5年Kさんよる「実務実習発表 …

2018 薬学生夏のつどい

9月22日(土)~23(日)「原発事故から8年目の地域社会の現状を学ぶ」をテーマに、北海道・東北地協2018薬学生夏のつどいが福島で開催され、全体で33名の薬学生・職員が参加。青森からは薬学奨学生3名と薬剤師2名が参加し …

連載 看護と介護 15の物語 ⑫

患者さんを信じたその先にみえたもの ~背中を押す勇気とタイミングの裏にあったものとは~ 藤代健生病院(弘前市) 3病棟 看護スタッフ一同 藤代健生病院は岩木山を望む藤代地区にあり、岩木川沿いにある精神科単科の病院です。「 …

東奥日報(2017/5/14)より 健生病院-受診遅れの死亡事例-

東奥日報(2017/5/14朝刊・18面(社会面))に、 受診遅れの死亡 本県2例 / 生活困窮、低い健康意識など絡む 健生病院スタッフ「貧困が短命県の一因に」 と題した記事が掲載され、青森民医連加盟の健生病院(弘前市) …

連載 看護と介護 15の物語 ⑪

母として、妻として… そして家族として 健生病院(弘前市)  高橋 栄子 看護師生活の振り返り 看護師になり、病院勤務、老人ホームや訪問看護を経験してきました。日々、患者様から学ぶことが多いと感じます。病気に苦しむ患者様 …

連載 看護と介護 15の物語 ⑩

ターミナル期にある患者の想いに寄り添って ~一人のフォークシンガーからの事例~ 藤代健生病院(弘前市) 2病棟 看護スタッフ一同 Aさんの入院まで ある秋の日に、一人のフォークシンガーが星空へと静かに旅だった… 遡ること …

連載 看護と介護 15の物語 ⑨

ショートステイでの看取り ショートステイやすかた(青森市) 職員一同 青森駅の近くにある「ショートステイやすかた」は6階建のビルの中にあります。4階・5階・6階のフローアーに分かれて、34床あります。1階には「安方クリニ …

連載 看護と介護 15の物語 ⑧

有料老人ホームでの看取り ~その人らしさに寄り添って~ 健生弘前ホームあじさい 小野 富士子 Sさんとの出会い 3年前、市内の療養型病院の病室でSさんに出会いました。入居申し込みされていたため、ケアマネージャーと一緒に伺 …

連載 看護と介護 15の物語 ⑦

在宅看取りを援助し、ご家族と一緒に学び得たもの 健生訪問看護ステーションたまち(弘前市) 看護師 木村 美香 在宅生活までの経過 Aさんは87歳男性。平成27年4月に食道癌の診断をうけ放射線治療を行っていた。一時は癌が縮 …

連載 看護と介護 15の物語 ⑥

人生最後においしい熱燗を飲みたい!! ~その思いを支える関わり~ あおもり協立病院(青森市)・6階病棟 戸松真裕美  Aさんとの出会い 私が勤務するあおもり協立病院6階病棟は、消化器内科・婦人科病棟で、手術を受ける方、緩 …

連載 看護と介護 15の物語 ⑤

後輩たちに伝えたい看護 ~ 肺癌末期の患者様との外出で感じた終末期のありかた ~ 健生病院(弘前市)・3階北病棟 山内 純子 早いものでこの病院に就職して四半世紀の月日が流れました。忙しい日常の業務に追われ、余り自分自身 …

連載 看護と介護 15の物語 ④

救急搬送をきっかけに引きこもりから社会復帰できたAさんへのエール ~ 生きる力を取り戻すまで ~ 藤代健生病院(精神科/弘前市) 1病棟 看護師一同 Aさんの入院まで Aさんが救急搬送されたのは、寒い冬の早朝でした。髪も …

連載 看護と介護 15の物語 ③

無保険の方を通じて感じたこと 青森市おおの地域包括支援センター 社会福祉士 菊池 一文 【基本情報】  Aさん 性別:男性          年齢:70代 保険:無保険  知的・身障・精神:なし   介護保険:未申請 【 …

連載 看護と介護 15の物語 ②

笑顔を取り戻した発達遅滞のMさん ~不安が軽減され地域に定着した患者の支援を通して~ 藤代健生病院(精神科/弘前市) 外来 看護スタッフ一同 初めての出会い 2014年5月の晴れた日、Mさんは兄夫婦や地域包括支援センター …

新連載 看護と介護 15の物語 ①

青森民医連看護委員会と看護・介護学会小委員会で、看護・介護現場の事例を集めました。 患者さん・利用者さん一人ひとりの生命(いのち)と健康、暮らしや思い=「人権」を守り、尊重しようという思いのもとに、日夜頑張っている医療・ …

青森県民医連Facebookページ

昨年12月より、青森県民医連Facebookページを開設しました。   本ホームページとあわせて、ご愛顧・『いいね!』の程、よろしくお願いします。  

東奥日報(2017.1.11)より あおもり協立病院 無料低額診療事業(無低診)

東奥日報(2017/1/11朝刊・23面(社会面))に、「無料診療に救われた」 47歳で脳卒中 医療費は 生活費は… と題した記事が掲載され、

東奥日報(2017/1/11)より あおもり協立病院-無料低額診療事業(無低診)

東奥日報(2017/1/11朝刊・23面(社会面))に、 「無料診療に救われた」 47歳で脳卒中 医療費は 生活費は… と題した記事が掲載され、昨年11/25に掲載された記事に引続き、青森県民医連加盟のあおもり協立病院( …

デーリー東北(2017.1.11)八戸生協診療所「在宅医療の現場から」

デーリー東北紙(2017年1月11日付朝刊)に『在宅医療の現場から-あおもりは今-』増えぬ訪問医 負担大/みとり対応、家族ケアも と題した記事が掲載され、

デーリー東北(2017/1/11)より 八戸生協診療所「在宅医療の現場から」

デーリー東北紙(2017年1月11日付朝刊)に 『在宅医療の現場から-あおもりは今-』(上) 増えぬ訪問医 負担大/みとり対応、家族ケアも と題した記事が掲載され、青森県民医連に加盟する八戸生協診療所(八戸市・竹本照彦所 …

民医連新聞(2017.1.2)に紹介 健生病院ER、県と協同で自殺未遂者支援

職員向け機関紙『民医連新聞』(2017/1/2・全日本民医連発行)に 「自殺図る人に支援を」 ERと県が協同事業 青森・健生病院という記事が掲載され、

民医連新聞(2017/1/2)に紹介 健生病院ER、県と協同で自殺未遂者支援

新年明けましておめでとうございます。 本年もどうぞよろしく願い致します。 職員向け機関紙『民医連新聞』(2017/1/2・全日本民医連発行)に 「自殺図る人に支援を」 ERと県が協同事業 青森・健生病院 という記事が掲載 …

1 2 3 4 »
PAGETOP
Copyright © 青森県民主医療機関連合会 All Rights Reserved.