Prev » Next «

看護師を目指す方

弘前地区の方
青森地区の方

最新活動報告


民医連看護の到達点「三つの視点」

患者の立場に立ち
患者の要求から出発し、
患者とともにたたかおう

4つの優点 【三つの視点の今日的発展】

「総合性」「継続性」

民医連看護の到達点「三つの視点」医療と看護が専門分化する中で、患者の生活と労働を見すえ、総合的視点を持つこと、急性期・慢性期などと分断されつつある中で看護の基本となるものを守りぬく立場で、在宅もふくめた看護の継続性を追求してきたこと。

「無差別性」

老人をはじめとして、新たに生命にたいする差別がすすめられる中で無差別性をあくまで追求してきたこと。

「民主性」

民主的集団医療という言葉に示されるように、真に患者の立場に立つことで、民主性を貫いてきたこと、これは民医連内の看護集団の団結においても貫かれていること。

「人権」

こうした看護実践を一人ひとりの患者の人権を守り、要求を実現する立場で運動と結びついてきたこと。

看護教育・研修

看護教育・研修1年間、先輩看護師がマンツーマンで指導します。 学習はもちろんですが、先輩看護師が相談にのってくれたり、リフレッシュ方法や休日の過ごし方、 その他楽しい事もたくさん教えてくれます。

奨学金制度

民医連のめざす医療・看護を理解し将来の医療・福祉の担い手となって頂ける看護学生の方々が、充実した学生生活を過ごすことができるよう設けられた経済援助制度です。
詳細につきましては「奨学金制度」を御覧下さい。
 
看護師を目指す方への奨学金制度

奨学生になると

奨学生になると他の看護学生との交流を深め、視野を広げて成長できるように各種の催しや看護体験に参加して頂く事ができます。

先輩からのメッセージ

看護師 鈴木優希
 
私は生協さくら病院で勤務しています。奨学金のお陰でアルバイトをせずに学業に専念できました。学生の時に奨学生同士や職場の先輩方との交流があり、就職後も安心して相談できます。生協さくら病院は病院全体の雰囲気が穏やかで、優しい先輩ばかりです。高齢の患者さんが多い為精神科疾患だけでなく内科の勉強も同時にできます。もちろん精神科の為コミュニケーション能力も身に付ける事ができます。
 
看護師 工藤悠生
 
健生病院3階南病棟で看護師として働いている工藤悠生です。私は青森県民医連の奨学生でした。奨学生で一番良かったと思うことは、奨学生として色々な学習会に参加し、情勢について学ぶことができ、医療以外のことを学ぶ大切さがわかったことです。学生の間に病院の方々との繋がりを持つことができ、そのおかげで病棟にも馴染みやすかったと思います。また、バイトの時間を減らすことができ、勉強の時間を確保できました。


青森県民主医療機関連合会
【青森事務所】〒030-0822 青森県青森市中央3丁目10-2 中部クリニック2F 電話017-723-4076
【弘前事務所】〒036-8203 青森県弘前市本町95 丸二ビル1F 電話 0172-34-5455

Copyright(c) 2012 AOMORI MIN-IREN All Rights Reserved.