青森民医連は、医師・薬剤師・看護師を目指す方を、奨学金や実習など様々な面で応援しています。

奨学生インタビュー

医師

松本 拓真

医師

高橋 夏生

薬剤師

大川 誠也

薬剤師

那須 絵理菜

看護師

鈴木 優希

看護師

工藤 悠生

今日はよろしくお願いします。まずは自己紹介をお願いします。

2017年に入職した松本拓真です。東京都出身で弘前大学を卒業して健生病院で医師人生をスタートさせました。将来は青森県内で外科医として活躍できることを目指しています。

青森民医連の奨学生になった理由を教えてください。

家族の負担を考え、大学時代は学費を稼ぐためにアルバイトをがんばっていました。しかし、徐々に勉強時間を確保することが難しくなり困っていたときに民医連の弘前事務所をふと訪れたことがきっかけでした。

青森民医連の奨学生になって良かったことはありますか?

全国の医学生が集まって学ぶ「民医連のつどい」という一大イベントで、様々な学習企画をつくり、医療や社会について語り合ったことです。この時にできた仲間とは医師になった今でも交流があります。

医師になってから印象的だったことを教えてください。

たくさんありますが、日々の診療でよく感じるのは経済的・社会的に困難な患者さんが思っている以上に多いということです。再びそのような状況に陥らないようにただ病気を治療するだけではなく、退院後の先も見据えてチームで何ができるのかということは常に考えさせられます。

これから奨学生になる方や奨学生を検討している方に伝えたいことはありますか?

医師になって思うのは民医連の無差別・平等の医療実践の姿勢は短命県の青森県だから、よりいっそう地域に響く価値があると感じています。他にも色々伝えたいのですが、まずは気軽に病院や民医連の事務所に遊びにきてほしいですね。みんなで温かく迎えてくれると思います。

松本先生ありがとうございました。問い合わせは電話メール、奨学生のオンライン仮申請も出来ます。みなさんお気軽にご連絡ください。

将来、みなさんと一緒に働けることを楽しみにしています。
青森民医連に来いへぇ~

今日はよろしくお願いします。まずは自己紹介をお願いします。

小児科医の高橋夏生です。出身は千葉県で、2014年に弘前大学を卒業して健生病院に入職しました。

青森民医連の奨学生になった理由を教えてください。

ズバリお金ですね(笑)家計が厳しかったので、大学に入学する前から何かしらの奨学金を借りようと思っていました。たまたま健生病院の1日医師体験に参加したときに奨学金の案内をもらって、そのまま借りることにしました。

在学中に印象的だったことはありますか?

4年生の時に、弘前大学で「全国医学生ゼミナール」というのを開催しました。全国各地から数百人の学生が集まって、著名な講師の講演を聞いたり、様々な社会問題について議論しあう企画です。医学生以外にも、看護学生や教育学部の学生なども参加するので、大学の部活だけでは出会えないような友人がたくさん出来たのが思い出です。

小児科を選んだ理由や魅力、やりがいは何ですか?

選んだ理由は、何となくです(笑)子どもが好きなのはあると思います。子どもが病気で具合が悪くなると、本当に具合が悪そうな表情をするんです。そして具合が良くなると、本当に楽しそうな表情になる。とても大変な仕事ですが、子どもたちの笑顔を見れば、小児科医になって良かったと思えますね。

医師という職業は大変ハードなイメージがあります。女性医師として第一線で活躍されている高橋先生は、どのように日々のon・offを切り替えたりワークライフバランスを保っていますか?

確かに当直や急な呼び出しは大変ですね。でも複数の小児科医が業務を分担し合って仕事をしているので、しっかり休みも確保できますよ。最近は休みの日にお気に入りのYoutuberのチャンネルを観ています。くだらない内容の方がリフレッシュ出来て良いですね(笑)

青森民医連の奨学生になってよかったことはありますか?

まずは、経済的な不安から解放されたことですね。親もとても安心したと思います。就職先も確保されたわけですし(笑)あとは、民医連が主催する企画で、様々な立場の方のお話を聞けたこと。医学部は閉鎖的になりがちなので、医師になる前に多様な意見に触れられたのは、とてもラッキーだったなと思います。

最後に医師を目指す学生にメッセージをお願いします。

みなさんそれぞれに、医師を志す理由があると思います。時間が経つにつれて、その理由は頭から抜けてしまうことが多いんです。ぜひ、初心を忘れずに素敵な医師を目指してください!

自己紹介と民医連の薬剤師の特徴を教えて下さい。

薬剤師の大川誠也です。民医連で働いて10年ほどになります。たまに民医連以外の薬剤師と会って話をしますがどこか私たち民医連薬剤師とは違うと感じます。民医連で働くと自然に社会保障や情勢などについて学ぶ機会も多く、単なる薬剤師ではなく、患者さんの生活背景などにも意識が向き、一歩進んだ薬剤師になれたように感じます。研修では薬剤師同士の場合もありますが、他の職種の方々と意見を交換したりすることもあり、そういった点もとても良い刺激になります。

自己紹介と奨学生になるメリットを教えて下さい。

病院薬剤師をしている那須絵理菜です。私も青森県民医連の奨学生で今の職場で働かせて頂いてます。学生の頃は奨学金で資金面もサポートして頂いてましたが、それだけではないんです!
いろいろな薬科大や医師・看護師等の奨学生の人達(いずれは仕事仲間になるはず!)と交流・学習会をしたり、病院・薬局・介護施設体験をしたりと普通に大学に通ってるだけでは出来ない体験も沢山できます♪あなたも青森民医連の奨学生として充実した学生生活を送ってみてはいかがですか?

自己紹介と奨学生になるメリットを教えて下さい。

看護師の鈴木優希です。私は生協さくら病院で勤務しています。奨学金のお陰でアルバイトをせずに学業に専念できました。学生の時に奨学生同士や職場の先輩方との交流があり、就職後も安心して相談できます。生協さくら病院は病院全体の雰囲気が穏やかで、優しい先輩ばかりです。高齢の患者さんが多い為精神科疾患だけでなく内科の勉強も同時にできます。もちろん精神科の為コミュニケーション能力も身に付ける事ができます。

自己紹介と奨学生になって良かったことを教えてください。

健生病院3階南病棟で看護師として働いている工藤悠生です。私は青森県民医連の奨学生でした。奨学生で一番良かったと思うことは、奨学生として色々な学習会に参加し、情勢について学ぶことができ、医療以外のことを学ぶ大切さがわかったことです。学生の間に病院の方々との繋がりを持つことができ、そのおかげで病棟にも馴染みやすかったと思います。また、バイトの時間を減らすことができ、勉強の時間を確保できました。

PAGETOP
Copyright © 青森県民主医療機関連合会 All Rights Reserved.